特集

ゴーン被告逃亡

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が2019年にレバノンに逃亡。なぜ逃亡できたのか。今後の裁判の行方は。

特集一覧

義家副法相「ゴーン被告事件解決が極めて重要で一致」 レバノン司法相と会談し帰国

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
義家弘介副法相=川田雅浩撮影
義家弘介副法相=川田雅浩撮影

 前日産自動車会長のカルロス・ゴーン被告(65)が保釈中に逃亡した事件で、逃亡先のレバノンの司法相らと会談した義家弘介副法相が3日帰国し、記者会見を開いた。「(逃亡事件について)日本の立場を明確に伝え、解決が両国にとって極めて重要な課題であるとの認識で完全に一致した」などと述べた。

 義家氏は2日にレバノンの首都ベイルートを訪れ…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

【ゴーン被告逃亡】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集