メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大岡信と戦後日本

/22 連句を始める 集団制作に「病みつき」

大岡信

 1970年10月12日、東京・溜池山王の料理屋に大岡信は足を運んだ。他に詩人の安東次男(19~2002年)、作家の丸谷才一(25~12年)と編集者の計4人がこの場所に集った。安東が著した評伝『与謝蕪村』の出版祝いで、安東の声掛かりにより連句を巻こうという話になった。

 安東は加藤楸邨(05~93年)に師事した俳人でもあり、とりわけ『芭蕉七部集評釈』などの執筆を通じ松尾芭蕉の連句を読み込んでいた。小説、評論で幅広く活躍した丸谷も、日本古典に並々ならぬ関心を寄せた人である。

 4人による連句の会の始まりについて、大岡はこう記している。「定刻についてみると、流火山房主人こと安東さんはすでに早くに到着、いざカワイガッテやろうず、とばかりわれわれを待ち構えている。/もちろん、目ざすは三十六句の歌仙一巻である」(『連詩の愉(たの)しみ』91年)

この記事は有料記事です。

残り1606文字(全文1976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです