メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

ひとり芸の祭典、今年も熱く 「R-1ぐらんぷり2020」プロデューサー 梅田一路さん

 ひとり芸ナンバーワンを決める「R―1ぐらんぷり2020」が8日、開催される(フジテレビ系で同日午後7時から生放送)。漫才の「M―1グランプリ」以降、各局で始まったお笑いコンテストでは、最多開催となる18回目。プロデューサーとして「本当に難しい」とリスペクトするひとり芸だからこそ、多くの人に楽しんでもらいたいと話す。

 2001年に始まった「M―1グランプリ」の成功を受け、翌年スタート。初回のみ「座布団の上で演じる話芸」という縛りがあったが、その後は「面白ければ何でもOK」の“異種格闘技戦”となった。漫談、コント、フリップ、はたまた裸芸と、彩り豊かな顔ぶれが毎回並ぶ。

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです