メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

岡田結実 ドラマ「女子高生の無駄づかい」 田中望役 めっちゃヤバい面白さ

 撮影前、原作の漫画を読んで「これはヤバいな」と感じた。悪い意味ではない。「めちゃめちゃ面白い話だった」。自身が演じる主人公、田中望のような現在の女子高校生たちが好んで使うプラスの意味だ。あまりの「ヤバさ」に「この話をやる(演じる)プレッシャーと怖さと楽しさとが入り交じって複雑でした」。当時の心境をそう振り返る。

 主人公の望は、本能のおもむくまま行動することから、クラスメートから「バカ」のあだ名で呼ばれている。彼氏が欲しいが、入学後に自分の学校が女子高だったと気付くほどの底抜けぶり。「役作りはいらないんじゃないか、と周囲から言われた」と笑うが、「一歩間違ったら(視聴者に)嫌われる役。嫌われずに、いとおしく思われるように」と演技には気を使う。ドラマや映画の出演経験はあるが、「今までにないぐらい悩んだ役だった…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです