メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 大半できょうから休校 首相要請で調整「ドタバタ」 /福島

家庭用学習ソフトが入ったタブレット端末で学習する児童。休校期間中は中学生の希望者にも貸し出す=福島県西会津町教委提供

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う安倍晋三首相の要請を受け、県内の大半の市町村で公立学校が4日から臨時休校となる。ただ、卒業式の実施方法を検討中の市町村も多く、教育現場には混乱も見られる。【柿沼秀行】

 「昨夜(2月27日)の(政府の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合での)安倍首相の臨時休校要請への対応で、今日一日はドタバタでした」。同28日、三島町教育委員会は町教委のブログにこうつづった。

 町教委の担当者は「小さな町の突然の出来事」に慌てたが、さっそく同日付で、3月4日以降を休校とする教育長名の通知の「号外」を小中学生の保護者あてに出した。休校期間は、2日の臨時の校長会議や教育委員会で23日までと決め、2日夕、保護者説明会を開いて伝えたという。

この記事は有料記事です。

残り1456文字(全文1785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  2. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 同性愛が処罰された時代に描かれたゲイアート「トム・オブ・フィンランド」 大使館が発信するまでの歴史

  5. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです