ノウフクJAS 小山のパステルを認証 桑から加工食品 /栃木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ノウフクJASの認証書を受け取った同法人の石橋俊一理事長(左)、石橋須見江常務理事(中央)ら=栃木県小山市で
ノウフクJASの認証書を受け取った同法人の石橋俊一理事長(左)、石橋須見江常務理事(中央)ら=栃木県小山市で

 古くから養蚕が盛んな小山市で桑を原料にした加工食品を作り、障害者の自立を支援している社会福祉法人「パステル」(石橋俊一理事長)が、障害者が携わって生産した農産品の規格「ノウフクJAS」の認証事業者になった。認証する法人によると、関東地方で初の認証になるという。

 ノウフクJASは、障害のある人が農業に関わる「農福連携」で生産された農産品をアピールしようと、2019年に制度が始まった。生産工程管理について厳しい…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集