メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和をたずねて

昭和の戦争を語る/59 「魚雷」ゆえの死亡事故=広岩近広 /大阪

 海軍で人間魚雷「回天」隊に所属した岩井忠正さんは、訓練中の死亡事故を目撃している。当時を振り返ってもらった。

     ※   ※

 岩井忠正さん 回天の潜望鏡は視界が悪いので、小さな追従艇で回天を監視しながら、襲撃訓練を続けました。追従艇の艇指揮が、私たち下級将校の任務です。

 あるとき、追従艇から双眼鏡で回天を監視していたら、潜望鏡を上げて周りを見ているのです。その先に岩があるので、カジを切らないとぶつかると察し、発音弾を投げさせました。発音弾は「注意しろ」の信号で、水中で破裂させると搭乗員には聞こえます。

 それでも、回天はカジを切りません。もともと魚雷なので、カジの利きが非常に悪い兵器ではあります。追従艇を回天に横づけして、回頭させようとするのですが、回天は潜ってしまいました。回天はそのまま直進し、とうとう岩にぶつかったのです。

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文895文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです