メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎・一斉休校 小学校、児童受け入れ /兵庫

大学生に教わりながら勉強に取り組む小学生(右)=西宮市甲風園1のNPO「ブレーンヒューマニティー」で、川畑さおり撮影

 新型コロナウイルスの感染者が県内で新たに確認される中、多くの小中高校で拡大防止のための臨時休校が始まった。仕事などで保護者が自宅にいない日中、留守番が難しい小学校低学年以下を中心にした子どもたちが、受け入れ先となった学校などで一日を過ごした。

大学生らも支援 西宮

 大学生たちがボランティアで子どもの学習支援などをしている西宮市のNPO法人「ブレーンヒューマニティー」は3日、会議で使う部屋を開放し、一人親や共働き世帯の子どもたちを対象にした受け入れを始めた。

 小学校のテスト問題や進学する私立中学の課題に取り組んでいた同市立上ケ原小学校6年の山田真子さん(12)は「6年間で一番楽しいクラスだった。みんなと別れるのがつらかった」と突然の休校を残念がった。

この記事は有料記事です。

残り908文字(全文1236文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 世界のコロナ感染者1億人超え 収束見通し不明、2カ月半で倍増

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです