メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

政権の不徳と責任=古賀攻

 <sui-setsu>

 全国の小中高校、特別支援学校に通う児童・生徒は約1300万人。11歳以下の子供がいる家庭は約773万世帯。

 これだけの国民を巻き込む一斉休校だ。当然さまざまな副作用が予想される。なのに安倍晋三首相は先週の記者会見で「ちゅうちょなく」のフレーズを5回も連発した。いかにも安倍さんらしい。

 ただ、準備は周到とは言い難かった。「私が決断」「私の責任で」と主語は明確でも、残りの4W1Hがはっきりしない。しかも、あふれる疑問を放置して会見を打ち切ったことが、国民との対話に不熱心な印象を残す。

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文1011文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  4. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  5. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです