特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

前線で考える新聞の興亡 書いて伝える仕事の重み=中澤雄大(統合デジタル取材センター)

  • コメント
  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
活版印刷、コンピューター、インタネット。技術革新を巡る激しいメディアの苦闘を描いた新旧のノンフィクション本「メディアの興亡」(杉山隆男著)と「2050年のメディア」(下山進著)=中澤雄大撮影
活版印刷、コンピューター、インタネット。技術革新を巡る激しいメディアの苦闘を描いた新旧のノンフィクション本「メディアの興亡」(杉山隆男著)と「2050年のメディア」(下山進著)=中澤雄大撮影

 昨秋刊行された1冊のノンフィクション本が、マスコミ関係者の耳目を集めている。元編集者の下山進・慶大特別招聘(しょうへい)教授が著した「2050年のメディア」(文芸春秋)である。インターネットの出現によって<あらゆる産業が変革を余儀なくされた。新聞もそのひとつであった>という刺激的な書き出しで始まる同書は、紙面からネット空間へと情報発信の場に変化の波が押し寄せた20年余りのメディアの苦闘を描いている。

 多くの紙数が割かれているのは日本の新聞より10年早く危機を迎えた米ニューヨーク・タイムズの「Newspaper is dead!(もう新聞は死んでいる)」という衝撃リポートのてんまつであり、世界最大の発行部数を誇る「紙の王国」読売新聞と、いち早く電子新聞の有料課金制度を成功させた日本経済新聞、そしてネットニュースを核に巨大プラットフォームに成長したヤフー・ジャパンの3社の軌跡である。

この記事は有料記事です。

残り1680文字(全文2076文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集