特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Moment

希望の聖火/2 復興半ばの東北胸に コースに福島原発地元

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
聖火リレーのルート候補に挙がるJR双葉駅周辺=福島県双葉町長塚で2019年12月18日、渡部直樹撮影
聖火リレーのルート候補に挙がるJR双葉駅周辺=福島県双葉町長塚で2019年12月18日、渡部直樹撮影

 「以前は浴びるように酒を飲んでいた」。行方不明の男児を発見するなど「スーパーボランティア」として知られる大分県の尾畠春夫さん(80)は、2011年3月の東日本大震災を機に禁酒した。震災直後に宮城県南三陸町を訪れ、延べ約500日間にわたって被災者の思い出の品を捜索。避難所で見たのは、寒さに凍えながら不自由な生活を送る人々だった。

 すべての仮設住宅がなくなったら禁酒を解くつもりだが、今も全国で約4万8000人が避難生活を送り、被災3県では約4000人が仮設住宅に暮らす。復興はまだ道半ば。地元・大分県の聖火ランナーに選ばれた尾畠さんは「『復興五輪』は本当に被災地の人のためになるのか、複雑な気持ちもある。でも何かやらなきゃいけない」。災害が起きたらすぐ駆けつけられるよう毎朝約8キロ走り、健康と体力維持に努める。

この記事は有料記事です。

残り1446文字(全文1803文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集