メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外出自粛や建物強制使用…人権制限、強い強制力 新型インフル対策特措法改正案とは

与野党党首会談を終えて記者団の質問に答える安倍晋三首相=首相官邸で2020年3月4日午後7時46分、川田雅浩撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、新型インフルエンザ等対策特別措置法が改正されることになった。特措法は2009年に新型インフルエンザが流行した際の教訓を踏まえ、12年4月に成立した。現行法の対象は▽新型インフルエンザ▽過去に大流行した再興型インフルエンザ▽新感染症――の三つ。新型コロナウイルスはインフルエンザウイルスと異なり、新感染症と解釈することもできないため、法改正が必要となる。

 改正法案が成立すれば、急速で全国的なまん延により国民生活や経済に甚大な影響を及ぼすなどと判断した場合、首相は期限や区域を定めて「緊急事態宣言」を出すことができるようになる。また、都道府県知事は宣言を受け、住民に外出自粛のほか、学校や運動施設、映画館など多くの人が集まる施設の使用を制限するよう要請・指示することができるようになる。

 首相が既に要請している全国一斉の臨時休校やイベント自粛については法的根拠がなく、問題視する意見もあった。特措法改正により、一…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. 東京で新たに13人感染確認 検体数少なく件数下がる 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです