「大和郡山の歴史の一コマ」遊郭建築に別れ 取り壊し決定「旧山中楼」公開 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「旧山中楼」の玄関内を撮影する見学者=大和郡山市洞泉寺町で2020年3月2日午後1時35分、熊谷仁志撮影
「旧山中楼」の玄関内を撮影する見学者=大和郡山市洞泉寺町で2020年3月2日午後1時35分、熊谷仁志撮影

 奈良県大和郡山市洞泉寺町にあり、近く取り壊しが始まる予定の旧遊郭建築4棟のうち、一部の建物が1、2両日、一般に公開された。貴重な遊郭建築や町並みを目に焼き付けようと、市内外から多くの人が訪れた。

 公開されたのは比較的状態が良い「旧山中楼」(木造3階建て、延べ約270平方メートル)の内部。他の3棟のうち2棟の1階玄関内も短時間…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

あわせて読みたい

注目の特集