メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

済生会有田病院が受診再開 直近2週間に新型コロナ感染なし

通常診療が再開された済生会有田病院に入る人たち=和歌山県湯浅町で2020年3月4日午前8時13分、幾島健太郎撮影

 医師や入院患者らが相次いで新型コロナウイルスに感染した済生会有田病院(和歌山県湯浅町)が4日午前、20日ぶりに外来診療や入院患者の受け入れを再開した。2月14日から新規患者の受け入れを中止していたが、直近の2週間に感染が確認されなかったため「安全」と判断した。

 有田病院を巡っては2月13日以降、外科医や入院患者、濃厚接触者ら11人が相次いで感染。このうち、70代の農業男性は28日に転院先で死亡した。

 一方、最後に感染が判明した60代の男性入院患者が2月18日に転院。県の検査で他の病院関係者約470人全てが陰性となっていた。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 若者や子育ての支援少なく、進む少子化 「結婚、出産避ける状況続く」 出生率4連連続低下

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

  5. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです