島津製作所が新型コロナの検出試薬開発へ 3月中にも製品化 1時間で判定可能に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
開発を始めた試薬について説明する島津製作所分析計測事業部の四方正光・遺伝子解析グループ長=京都市中京区の島津製作所で2020年3月4日午前10時28分、矢倉健次撮影
開発を始めた試薬について説明する島津製作所分析計測事業部の四方正光・遺伝子解析グループ長=京都市中京区の島津製作所で2020年3月4日午前10時28分、矢倉健次撮影

 新型コロナウイルスへの感染の有無を迅速に調べられる遺伝子検出試薬の開発を始めたと、島津製作所(本社・京都市中京区)が4日発表した。3月中にも製品化し、月に数万件の検査分のキットを供給する。将来的には月10万件分程度を目指すという。

 現在のPCR(遺伝子増幅)法によるウイルス検出では、鼻や喉から採取した検体からウイルスの…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

あわせて読みたい

注目の特集