メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紙おむつも米もない! 記者も怒りつつ考えた…なぜ人は買い占めに走るのか

トイレットペーパーが店頭から消えている。だが、メーカーに在庫は豊富にあるという(写真はイメージです)=ゲッティ

 ない。こっちにも、あっちにも、ない、ない……! 新型コロナウイルスにおびえる列島各地で、生活必需品が次々に店頭から姿を消している。マスクや消毒液、トイレットペーパーだけではない。なぜか紙おむつや、お米まで。人々が買い占めに走った結果らしい。なぜ、人は買い占めに走るのか? 困り果てた記者2人が、識者とともに考えた。【江畑佳明、吉井理記/統合デジタル取材センター】

江畑記者(45)の場合

 東京都内在住で小学5年の長女、小学2年の長男がいる。妻と共働きで最寄り駅から自宅までの間にスーパーがないため、平日は途中のコンビニでパンや牛乳などを買い足すくらいしかできない。生活用品を買うのは週末のスーパー通いがメインだ。

 2月29日午前、いつものように夫婦でリュックサックを背負い、近くのスーパーに歩いて向かった。「トイレットペーパー品薄」は既に報道されていたので、陳列棚がガランとしていても特段の驚きはなかった。が、隣の棚に目を移すと、赤ちゃん用の紙おむつやウエットティッシュまでなくなっていて、目がテンになる。

 カートを押し進めると、レトルトカレー、カップ麺の棚も寂しくなっている。「手軽に食べられるもの」がないのだ。なんだか不安に襲われ、買うつもりなんて全くなかったのに、表面に「仮面ライダー」がプリントされたレトルトカレーを二つ、カゴに入れた。3月2日から小学校の休校が決まっていたため、「子どもの昼食に使えるだろう」という思いからだった。2リットル入りペットボトルの水も残りわずかになっていて、またまたビックリした。

 いったん帰宅。我が家の残りのトイレットペーパーを確認すると、6個だけになっていた。4人家族に加え、近くに住む義理の父母も毎日訪ねてくる。1週間持たないだろう。先ほどの空棚を思い出し、ドラッグストアに出かけたが、店員さんは「ないんですよ、すみません」と申し訳なさ…

この記事は有料記事です。

残り2848文字(全文3638文字)

江畑佳明

大阪府寝屋川市生まれ。1999年入社。山形支局を振り出しに、千葉支局、大阪社会部、東京社会部、夕刊編集部、秋田支局次長を経て、2018年秋から統合デジタル取材センター。興味があるのは政治、憲法、平和、ジェンダー、芸能など。週末は長男の少年野球チームの練習を手伝う。

吉井理記

1975年東京生まれ。西日本新聞社を経て2004年入社。憲法・平和問題、永田町の小ネタ、政治家と思想、東京の酒場に関心があります。会社では上司に、家では妻と娘と猫にしかられる毎日を、ビールとミステリ、落語、モダンジャズで癒やしています。ジャズは20代のころ「ジャズに詳しい男はモテる」と耳に挟み、聞き始めました。ジャズには少し詳しくなりましたが、モテませんでした。記者なのに人見知り。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. フィギュアスケート NHK杯 高橋、34歳の新世界 アイスダンス初公式戦 「上出来」の2位発進

  3. 視聴室 十三人の刺客

  4. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  5. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです