メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輸血用血液ピンチ 新型コロナで献血バス派遣できず 日本赤十字「個別献血を」

日本赤十字社のホームページ

 2月半ば以降の全国の献血者数が日本赤十字社(日赤、東京都港区)の計画に対して約1割不足している。全国各地でイベントが中止され、会場に献血バスを派遣できなくなったことなどが原因という。日赤は「このままでは、来週後半ごろには血液型によっては輸血用血液の供給に支障を来す恐れがある」と懸念し、常設献血ルームなどでの事前予約による個別献血を呼びかけている。

 日赤血液事業本部によると、献血血液(赤血球)の確保計画に対する過不足率は週単位で、2月第3週(9~15日)は100・3%だったが、第4週(16~22日)は94・5%に。第5週(23~29日)は90・6%に下がり、3月に入ってからもさらに低下しているという。2月16日から3月2日までの平均値は91・7%で、約1割の不足となる。

 また、全都道府県で最も新型コロナウイルス感染者が多い北海道に限定すると、国がイベントの自粛などを求める「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を決定した2月25日の不足率は約4割に及んだ。

 日赤は毎月、全国のイベントや企業など約3800カ所に献血バスを派遣しているが、2月半ば以降は約2割が中止や延期となっており、献血者…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文901文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです