特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

センバツ無観客方針 文科省幹部「感染防止策を」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
阪神甲子園球場 拡大
阪神甲子園球場

 選抜高校野球大会は「無観客試合」を前提に準備が進められることになった。新型コロナウイルスの感染拡大で、同じ高校スポーツが軒並み中止となる中、判断が分かれた。

 安倍晋三首相が2月27日に小中高などに臨時休校を要請したことを受け、文部科学省は翌28日付で全国自治体に学校教育活動の一環の部活動の自粛を求めた。全国高校体育連盟は同日付で「今後の選抜大会の対応について」と題する文書を各競技団体に送付。「要請に基づき、今後の選抜大会中止等への適切な判断をお願いします」と事実上、中止を促した。

 高体連には33競技団体が加盟するが、3月に予定される25の選抜大会のうち、ラグビーや柔道、卓球などの24大会が中止となった。残るテニスの選抜大会も規模縮小が検討されている。あるスポーツ団体の幹部は「政府の要請が出て、ガラリと雰囲気が変わった」と説明した。

 野球は高体連に加盟せず、独自に日本高校野球連盟を組織している。高野連は1948年発足の高体連より歴史が古く、46年に前身の全国中等学校野球連盟を発足。独立した組織として歴史を歩み、東日本大震災後も高体連傘下の多くの競技団体が大会中止を決める中、選抜大会を実施した。

 文部科学省幹部は「基本は自主判断。休校も地域によって対応は分かれている。判断を尊重するということに尽きるんじゃないか。いろんな意見が出るのは当然。とにかく丁寧に説明し、やるなら、きめ細かい感染防止策を講じる必要がある」と受けとめた。【田原和宏、小林悠太】

次に読みたい

あわせて読みたい