メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

福島原発事故から9年 菅直人元首相 最悪回避「神のご加護」だった

「全原発の一時国有化による廃炉政策」について説明する菅直人元首相=東京都武蔵野市で、奥村隆撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大阻止に躍起になっている日本で、ある人物に再び注目が集まっている。菅直人・立憲民主党最高顧問(73)だ。首相として東京電力福島第1原発事故という未曽有の危機に直面してから間もなく9年。ウイルスでなく、放射能という「見えない敵」を相手に苦闘した菅氏は今、どう総括しているのだろうか。【奥村隆】

この記事は有料記事です。

残り2709文字(全文2868文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  3. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  4. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

  5. 新型コロナ 食材や文具、市民に配布 県社協、子育て家庭支援 五所川原 /青森

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです