メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレエ パリ・オペラ座「ジゼル」 「脚」と「足」の濃密さ=評・斉藤希史子

 お家芸の「ジゼル」をもってパリ・オペラ座バレエが来日。中止の「要請」を受けて熟慮の末、赤外線サーモグラフィーを会場入り口に設置するなど、万策を講じての上演に踏み切った。

 貴公子アルブレヒトは戯れ心から、村娘ジゼルに近づく。彼が身分と婚約者の存在を隠していたと知り、狂死するジゼル。だがウィリ(亡霊)となってなお、恋人を救おうとする――。

 主演はエトワール(最高位)の3組。若手のレオノール・ボラックとジェルマン・ルーベは初役同士らしい勢いを見せ、ドロテ・ジルベールとマチュー・ガニオの古参組は、青白い炎が燃え立つような情感で圧倒した。

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです