メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

郷土の英雄

列島五輪伝 1932年ロス五輪 三段跳び銅メダル 大島鎌吉(1908~85年)

三段跳びで大島鎌吉は15㍍12で銅メダル=米・ロサンゼルスで1932年8月4日撮影

スポーツで青少年育成

 「跳ぶ哲学者」と呼ばれたアスリートがいる。1932年ロサンゼルス五輪で三段跳び銅メダルを獲得した大島鎌吉である。論文や著書でオリンピズム(五輪思想)を日本に紹介、自らのスポーツ思想を説いたことでも知られる。

 64年の前回東京五輪では選手強化対策本部長も務めた。そして再び聖火が東京にともる。大島は織田幹雄や南部忠平のような金メダリストではない。だがスポーツを通じた青少年教育や平和活動に生涯をささげた金沢の英雄なのだ。

この記事は有料記事です。

残り1574文字(全文1794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです