メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「旅券取り上げ許すな」 比女性、日本の元勤務先を提訴 弁護士らが支援集会 /東京

パスポートを返却しないなど外国人労働者を巡る労働問題を訴えるPOSSEの岩橋誠さん(左)と指宿昭一(中)、明石順平の両弁護士=世田谷区で

 外国人労働者が働いて事業所に預けたパスポートなどが退職後も返還されていない事例を通じ、当事者を支援するNPO法人が外国人労働問題を考える集会を都内で開いた。改正入管法の影響で、国内で働く外国人労働者は過去最高を更新し200万人時代を迎えようとしている。一方で、賃金不払いや奴隷労働のような事例は後を絶たない。集会では弁護士らが問題点を報告し、あるべき受け入れ態勢を考えた。【東海林智】

 集会は、労働問題や貧困問題などに取り組むNPO法人「POSSE」(世田谷区)が2月下旬に同区で開いた。POSSEは外国人の労働相談が増加したことから内部に「外国人労働者サポートセンター」を設置し、賃金不払いや解雇問題などに対応してきた。集会では、同センターなどが支援し、30代のフィリピン人女性が1月、パスポートなどの返還を求めて横浜地裁に提訴している問題を取り上げた。

この記事は有料記事です。

残り1293文字(全文1672文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 厚労省支援金、AVはOKでもストリッパーはNG? 女優「みんながもらえるようにして」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです