メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1割がマスク「在庫0」 新型肺炎で県内医療機関 消毒用アルコールなど 県に緊急供給要請 /岐阜

医療機関へのマスク、消毒用アルコール供給を要請する県保険医師会の竹田智雄会長(中央)ら=岐阜県庁で

 新型コロナウイルスの感染拡大で、県内の医療機関の約1割がマスクの在庫がないことが、県保険医師会による会員へのアンケート調査で分かった。手指消毒用アルコールも16・7%で在庫切れの状態だという。同会は4日、県に対してマスクや消毒用アルコールを医療機関に供給するように要請した。【岡正勝】

 調査によると、このままマスクを購入できなければあと何日で在庫がなくなるかとの問いに「在庫なし」は9・6%で、「7日以内」が8・8%、「8~14日」が15・0%だった。これらを含め、30日以内に在庫が切れる医療機関…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  3. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  4. 東洋紡工場で火災 爆発音後に煙、2人死亡 愛知・犬山

  5. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです