特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

加藤学園 本番に備え予防徹底 鹿児島合宿は中止 /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
グラウンドを走ってウオーミングアップをする選手たち=静岡県沼津市足高の東芝機械愛鷹グラウンドで 拡大
グラウンドを走ってウオーミングアップをする選手たち=静岡県沼津市足高の東芝機械愛鷹グラウンドで

 <センバツ高校野球>

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の運営委員会は4日、無観客での開催を前提に準備を進める方針を示した。ウイルスのまん延状況などを見て11日に改めて開催の可否を協議する。開幕を前に異例の事態が続くが、春夏通じて初の甲子園出場を決めている加藤学園(沼津市)のナインは感染予防を徹底して本番に備えている。

 政府が2月28日に小中高全校の臨時休校を要請した後も、野球部は時間を短縮して練習している。4日も午後2時過ぎから約1時間半、同市足高の練習グラウンドでキャッチボールや守備練習などに取り組んだ。この日は選手への取材は禁止された。

 運営委の結論が公表される前の午後3時ごろ、米山学監督(41)が報道陣の取材に応じ、「幸いにもグラウンドで練習ができている。感謝の気持ちを持って、一生懸命やろうと選手たちに伝えた。甲子園に一歩を踏み込みたい」などと話した。

 ナインはインフルエンザの流行に伴い、2019年12月から練習の合間や終了後にグラウンド脇の洗面台でのうがいを習慣にしている。新型コロナウイルスの感染が全国に広まってからは、学内でのマスク着用を徹底してきた。

 3月6~11日に予定していた鹿児島合宿も中止し、対外試合も控えている。選手たちは帰宅を早め、食事と睡眠を十分に取るよう意識している。【池田由莉矢】

あわせて読みたい