メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 一斉休校 地域の子どもたち支援、弁当を販売 給食なくても朝から、安価に /長崎

子ども用の弁当販売を始めた三浦さん

 新型コロナウイルスの感染拡大による一斉休校措置を受け、給食を取れない子どもたちに食事を届ける取り組みが県内で広がっている。「突然の休校で食事の用意が難しい家庭を支援したい」と、安価で弁当を販売する業者もある。

 長崎市で飲食店経営や仕出し事業を展開する「F・デザインNAGASAKI」(永石一成代表)は5日から、長崎市西町の市立西町小で同小児童向けに弁当を販売する。食材の野菜や肉は、…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. 東京の感染者、新たに34人 19日ぶり30人以上 新型コロナ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです