メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

トランプ氏に新たな敵=坂東賢治

 <moku-go>

 米大統領選と連邦議会選の投票は11月2日以降の最初の火曜日と規定され、同2~8日の間に実施される。今年の大統領選は3日だ。広い米国ではかつては選挙も泊まりがけ。日曜の礼拝後に出発し、水曜に仕事を再開するため、火曜が投票日に選ばれたそうだ。

 民主党の大統領選候補選びのヤマ場となった3日の「スーパーチューズデー」もその伝統に沿ったものだ。誰がトランプ大統領の再選を阻止できる候補か。民主党支持者の悩みどころだろうが、新型コロナウイルスが大統領選の新たな変数に浮上してきた。

 西海岸ワシントン州で集団感染が発生し、先月末に同州の病院で米国初の死者が確認された後、感染拡大の懸念が広がったからだ。民主党の各候補も一斉にトランプ政権の対応を批判し始めている。

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文1031文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです