メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

新型肺炎、効果的対外広報を=小川忠・跡見学園女子大教授

 新型コロナウイルス問題について、日本の対外広報は効果的対応ができていない。福島原発危機並みの非常時対応が必要だ。2月に東南・南アジアを旅してそう直感した。

 世界同時株安の発生など国際社会は新型ウイルスの脅威におびえている。「日本は世界一安全な国」という定評が急速に損なわれる中、過剰な日本忌避や風評被害が懸念される。

 こうした事態を防ぐためには、なによりも政府は総力を挙げて国内の感染拡大を抑えなければならない。そして安倍晋三首相が自分の言葉で海外の市民に向かって、日本の取り組みを丁寧かつ論理的に説明すべきである。

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1255文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 6日に諮問委員会

  4. 安倍首相 緊急事態宣言発令、近く判断 官邸関係者「いつ出てもおかしくない」

  5. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです