メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

クルーズ船の集団感染 「水際」破綻を教訓に 検査態勢の拡充急務=論説委員・元村有希子

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で新型コロナウイルスの集団感染が発生して1カ月が経過した。6人の死者と700人以上の感染者を出し、海外からは「公衆衛生の危機にやってはいけない対応の見本」との批判も浴びた。未知の新興感染症で想定外の事態が続いたとはいえ、被害を減らすことはできなかったのか。検査態勢の弱さに加え、水際対策への固執や政府の危機感の薄さは否めない。

 事態がここまで悪化した背景として、三つ指摘したい。まず、感染1例目が判明した後の船内対応だ。

この記事は有料記事です。

残り1625文字(全文1855文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです