番組批判問題 野党、NHK経営委追及へ 委員長辞任要求も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 かんぽ生命保険の不正販売を報じたNHK番組を巡り、NHK経営委員会が2018年10月、当時の上田良一会長を厳重注意した会合で、委員長代行だった森下俊三・現委員長らが番組を批判していた問題について、野党は国会で追及する方針だ。森下氏の辞任を求める声も出ており、NHK内では経営委への批判が上がっている。

 「報道された森下氏の『番組の作り方に問題があった』といった発言などは、放送法違反の番組介入の疑いが強く、委員長を辞職すべきだ」。元TBS記者で立憲民主党の杉尾秀哉参院議員は、毎日新聞の取材に答えた上で、国会に森下氏を呼んで問いただす考えを示した。経営委が公開を拒む厳重注意の議事録についても全面公開を求めた。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文695文字)

あわせて読みたい

注目の特集