メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

希望の聖火/3 台風でも消えぬ桜の炎 キャンプ用品から着想

 世界中に中継される聖火リレーで、神聖な火が消えることは許されない。歩いて前に進むのも困難な秒速17メートルの風、バケツをひっくり返したような1時間50ミリの雨、そうした状況でも消えない性能が求められた。ランナーが掲げる桜をモチーフにしたトーチは見た目の美しさや軽さだけでなく、強度を高める技術が結集されている。

 「夢の中でも設計図と格闘した」。聖火リレーのトーチのデザインとプロデュースを担当した吉岡徳仁さん(53)は試行錯誤の日々を振り返る。台風並みの風雨でも「絶対に消えない聖火」を実現するため、朝起きると同時に自宅でコーヒー片手に、パソコン画面に映し出されたトーチの立体図とにらめっこした。完成までに描いた設計図は200枚を超える。

この記事は有料記事です。

残り1537文字(全文1857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 厚労省支援金、AVはOKでもストリッパーはNG? 女優「みんながもらえるようにして」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです