メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

折田翔吾さん=将棋のプロになったユーチューバー棋士

 「ユーチューブをやっている個性を生かして、プロになっても自分の色を出していきたい」。同じ編入試験を受けプロ入りした今泉健司四段(46)に続き、また一人、異色棋士が誕生した。

 小学6年の夏、将棋サイトの対戦にのめり込んだ。半年後には日本将棋連盟関西本部の研修会に入り、プロを目指す。スタートが遅かったため、研修会の上の奨励会三段に昇段した時は21歳になっていた。

 プロへの最終関門・三段リーグ。半年間戦い、上位2人がプロ(四段)になる。10期在籍したが26歳の年齢制限で退会。「最初の頃はわくわくしながら指していたが、段々と通用しなくなった。退会が決まった時は、人生終わったなーと」

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エビ中」安本彩花さん、悪性リンパ腫治療で当面の間休養

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです