メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

楽しさもっと伝えたい=鈴木大地

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、スポーツ庁も、多数の人が集まるような大規模スポーツイベントの中止や延期、規模の縮小などの対応をお願いしている。選手の皆さんへの影響は少なくないが、ここはピンチをチャンスにするような前向きな思考で臨んでほしい。ライバルとの競争に明け暮れる中で、自分を見つめ直すいい機会だと思う。

 先日、2019年度のスポーツ実施率が発表された。成人が週1回以上スポーツをしている割合は53・6%で、前年度の55・1%からわずかに低下した。目標は65%なので、道半ばだ。調査項目を詳しく見ていくと、手応えや課題が浮かび上がる。

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文933文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです