特措法改正「遅くない」 感染拡大「全国一挙にという状況ではない」菅官房長官会見詳報

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉官房長官=吉田航太撮影
菅義偉官房長官=吉田航太撮影

 新型コロナウイルス感染症などについて、5日午前の菅義偉官房長官の記者会見で質疑があった。今回の感染症を新型インフルエンザ等対策特別措置法の対象とする法改正は「もっと早くできたのではないか」との指摘に対して、菅氏は「あらゆる可能性を想定して(感染拡大や影響を)最小限にするための立法措置であり、今からでも全く遅くはない」と反論。その上で「(これまでは)そうしたことが必要のないように拡大防止に全力を挙げることが大事だった」と強調した。また感染拡大の現状については「まだ全国に一挙に拡大するような状況ではなく、それぞれのところで防止策を行っている」との認識を示した。主なやりとりは以下の通り。【秋山信一】

この記事は有料記事です。

残り2950文字(全文3251文字)

あわせて読みたい

注目の特集