NHK経営委員長、番組批判の発言認める「自由な意見交換で」 議事録公開は拒否

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
NHK放送センター=東京都渋谷区で、嶋野雅明撮影
NHK放送センター=東京都渋谷区で、嶋野雅明撮影

 かんぽ生命保険の不正販売を報じたNHK番組を巡り、NHK経営委員会が2018年10月、当時の上田良一会長を厳重注意した会合で、委員長代行だった森下俊三・現委員長らが番組を批判していた問題について、森下氏が5日の衆院総務委員会に参考人として出席した。森下氏は、報道された「番組の作り方に問題がある」などの発言内容について、「いろいろと自由な意見交換をする中での言葉だったと思う」と認めた。

 社民党の吉川元議員の質問に答えた。森下氏は「個別にコメントすることは控えたい」とも語った上で、「具体的な制作手法について指示したものではない。経営委員が番組編集に関与できないことは認識している」と述べ、放送法が禁じる番組介入については否定した。吉川氏は「発言は放送法に抵触する。議事録を公表すべきだ」とただしたが、森下氏は公開を拒んだ。

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文532文字)

あわせて読みたい

注目の特集