連載

リモートワーク最前線

インターネットや柔軟な働き方の導入で「会社から離れて働く」ことが注目されています。「働くこと」はどう変わる?

連載一覧

リモートワーク最前線

4000人在宅勤務、わずか1カ月で迅速移行 IT大手社長が明かす成功の鍵は…

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ビデオ会議ソフトを使って記者のインタビューに応じるGMOインターネットの熊谷正寿会長兼社長=東京都中央区で2020年2月27日午後6時23分、宮崎稔樹撮影
ビデオ会議ソフトを使って記者のインタビューに応じるGMOインターネットの熊谷正寿会長兼社長=東京都中央区で2020年2月27日午後6時23分、宮崎稔樹撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、いち早く在宅勤務体制に移行したIT大手「GMOインターネットグループ」。国内従業員の9割弱にあたる約4000人を在宅勤務にして1カ月がたった。迅速に移行できた背景には何があり、業績への影響はどうなのか。インターネットのビデオ会議ソフトを利用した「リモートワーク(テレワーク)・インタビュー」形式で、熊谷正寿・会長兼社長に聞いた。【宮崎稔樹/東京経済部】

 ――1月27日に在宅勤務を始めて1カ月。なぜスムーズに実行できたのでしょうか?

この記事は有料記事です。

残り2180文字(全文2419文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集