メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国依存度、下げる方向で検討 新型コロナ対策など議論 未来投資会議

各国の中国依存度

 政府は5日、成長戦略を議論する「未来投資会議」(議長・安倍晋三首相)を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた日本経済への影響や今後の対応策について議論した。中国への依存度が高い製造業のサプライチェーン(部品供給網)について、付加価値の高い製品の製造拠点を日本や東南アジア諸国に分散化させる検討を行うほか、低迷する観光業の回復に向けて、感染拡大の収束後に官民挙げた支援策に取り組む方針を打ち出した。

 日本は工業製品の部品・加工品など「中間財」の輸入で中国に依存する割合が先進国の中で突出して高い。今回の新型コロナウイルスのような不測の事態が起きると部品の供給に支障が生じるため、自動車の製造に欠かせない重要な部品などは日本に生産拠点を移したり、供給不足になると国民生活への影響が大きい日用品などは、東南アジアなど他国に生産拠点を分散させて中国依存度を下げたりする方向で検討する。分散化の対象とする製…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新種昆虫に“中村哲医師” エジプト人研究員が命名提案 「功績を知って」

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです