メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セブン、米コンビニ買収を断念 2.5兆規模に膨らみ折り合わず

セブンイレブンの看板=曽根田和久撮影

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)が検討を進めていた米石油精製大手マラソン・ペトロリアム傘下のスピードウエーの買収を断念したことが5日、明らかになった。2・5兆円規模にまで膨らんだ買収額がネックとなったとみられる。日本国内の市場が先細りとなる中、海外で稼ぐ収益構造への転換を目指していたが、新たな成長戦略の構築が迫られる。

 スピードウエーはガソリンスタンド併設型のコンビニ事業を手がけており、米国の30州以上で約4000店を展開している。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです