メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イランが受刑者5万4000人釈放 刑務所過密、新型コロナ感染防止 大統領「感染、全土に」

マスクや手袋をして感染を予防する人々=イラン・テヘランで、AP

 新型コロナウイルスの感染が深刻化しているイランの司法当局者は3日、過密状態の刑務所での集団感染を防ぐため、国内の全受刑者の3分の1にあたる約5万4000人を緊急的に一時釈放することを認めたと明らかにした。AP通信などが伝えた。イランでは2月19日に中部コムで最初の感染者が確認されて以降、3月4日までに2922人が感染し、92人が死亡した。

 報道によると、釈放が認められたのは検査で陰性が確認され、保釈金を支払った受刑者。禁錮5年以上を宣告されている受刑者は釈放されないという。実際に釈放された人数は不明。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. フォーカス 香取慎吾 ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」万丞渉役 SNSとの距離考え

  4. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  5. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです