メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもたちに読書の時間を 根室市図書館、休校で児童らに宅配

書籍の宅配サービスに使われる図書館バス=北海道根室市図書館で2020年3月4日午前10時26分、本間浩昭撮影

 「今こそ、じっくり読書を」。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、北海道根室市図書館は5日から、所蔵する書籍を宅配するユニークなサービスをスタートさせる。臨時休校中の児童・生徒や乳幼児の読書環境を整えようとの試みで、図書館のバスなど5台を使って自宅まで本を届ける。0~18歳の子どもがいる家庭を対象に、1人10冊まで借りられる。返却期間は2週間。

 感染拡大防止のため、同館は4日から臨時休館中。再開館は17日を予定しており、宅配サービスは15日まで行う。市街地の場合、午前中の受け付け分は原則として当日午後2時以降、午後の受け付け分は翌日届ける。郊外は、いずれも翌日となる。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです