メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「船飯」実習、集大成は「愛情込めて」フランス料理 8管本部長ら試食 海上保安学校

オードブル作りに励む学生たち=京都府舞鶴市の海上保安学校で2020年3月4日、行方一男撮影

 海上保安学校(京都府舞鶴市長浜)で4日、卒業を控えた主計コース第55期の学生39人がフランス料理のフルコース作りに臨んだ。1年間の調理実習で学んできた成果を披露する場として第8管区海上保安本部の江口満本部長や粟津秀哉校長ら7人に試食してもらい、学生たちは高い評価を受けていた。

 主計コースは巡視船・艇上の食事「船飯(ふなめし)」を作る主計士を養成。国際会議などでVIP(要人)を迎える際は会食のメニューを担当することもあるという。調理実習の最終仕上げとして、国際会議などで要人…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  2. 米国で白人警官が黒人男性の首押さえ死亡 差別への抗議活動が過激化

  3. 黒人男性死亡で米政権「解明を最優先事項」 トランプ氏、動画は「衝撃的」

  4. 「中国はWHOを支配」トランプ氏脱退表明 香港優遇も見直し、米中対立激化へ

  5. 「特別定額給付金」対象外の新生児に独自支援金10万円 札幌市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです