連載

こんな時どうするQ&A

新型コロナを予防するには? 不安とどう向き合う? 素朴な疑問にQ&Aで解説。

連載一覧

こんな時どうするQ&A

消毒用エタノールがない 塩素系漂白剤で代用 手には使えず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
消毒用エタノールも全国的に品薄になっている=名古屋市千種区の名古屋大試験会場で、兵藤公治撮影 拡大
消毒用エタノールも全国的に品薄になっている=名古屋市千種区の名古屋大試験会場で、兵藤公治撮影

 Q マスクとともに消毒用エタノールも入手しづらくなっているようです。家庭でできる代替方法について東京都感染症情報センターなどに聞きました。

 ◆

 A 厚生労働省によると、物に付着したウイルスはしばらく生存しています。そのウイルスを触った手で目や口、鼻を触ると感染(接触感染)してしまいます。感染の疑いのある人が感染を広げないよう、ドアの取っ手やノブ、トイレや洗面所など手や指がよく触れる箇所を清潔にし、消毒に努めましょう。

感染した?と思ったら~消毒液の作り方 拡大
感染した?と思ったら~消毒液の作り方

 消毒用エタノールがなかったら、台所や衣料用の塩素系漂白剤に含まれている「次亜塩素酸ナトリウム」を薄めて使うのも有効です。厚労省は0・1%の濃度で効果があるとしています。

 たとえば、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が6%の原液を考えて見ましょう。2リットルのペットボトル1本の水に対し、キャップ約6~7杯で0・1%の濃度になります。その希釈した溶液をペーパータオルなどに含ませてドアノブなどを拭いた後、自然乾燥させてください。ただ、金属は腐食のおそれがあるので10分程度たったら水拭きしてください。

 また、次亜塩素酸ナトリウムは手に使うと荒れるおそれがあるので、あくまで物に対して使いましょう。手はせっけんでよく洗い、流水でしっかり落としてください。【聞き手・大迫麻記子】

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集