「神様のお使い?」広島・宮島に白いタヌキ 観光業者「厄払いにもっと出てきて」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
宮島の白いタヌキ=2019年9月撮影、ホテル「菊乃家」提供
宮島の白いタヌキ=2019年9月撮影、ホテル「菊乃家」提供

 世界遺産・厳島神社のある宮島(広島県廿日市市)に現れる白いタヌキが「神様のお使いでは」と話題になり、地元ホテルが目撃情報を募るキャンペーンを始めた。ところが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で観光客が減少。白タヌキもなかなか姿を現さず、目撃情報は、キャンペーン開始から4カ月たった今もゼロのまま。関係者からは「厄払いのためにも出てきて」との声が上がる。

 住民らによると、白いタヌキは約10年前から夜に時々姿を見せるようになったという。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文740文字)

あわせて読みたい

注目の特集