特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

声をつないで

旧姓使用求め、「象牙の塔」で奮闘 選択的夫婦別姓への思いは? 横国大工学系初の女性教授・一柳優子さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
一柳優子・横浜国大教授=横浜市保土ケ谷区の同大で2020年3月2日午後6時半ごろ、斎藤有香撮影
一柳優子・横浜国大教授=横浜市保土ケ谷区の同大で2020年3月2日午後6時半ごろ、斎藤有香撮影

 工学系の研究者として2019年度、横浜国立大学で女性として初めて教授になった一柳優子さんはこれまで、夫婦別姓の実現の活動を通じて、女性の不利益を改めようと国などに訴えてきた。研究費の申請で旧姓が使えなかったのがきっかけだ。一柳さんらの訴えが、現在の旧姓使用の拡大や公文書での旧姓使用につながっていった。これまでの活動を振り返ってもらいながら、選択的夫婦別姓への思いについて話を聞いた。【斎藤有香/科学環境部】

この記事は有料記事です。

残り4532文字(全文4737文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集