特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「十分な時間で質問権保障したオープンな会見を」ネット署名開始 首相の臨時休校要請で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大への対応などについての記者会見に臨む安倍晋三首相(右端)=首相官邸で2020年2月29日午後6時、川田雅浩撮影
新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大への対応などについての記者会見に臨む安倍晋三首相(右端)=首相官邸で2020年2月29日午後6時、川田雅浩撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、安倍晋三首相が全国の小中高校などに臨時休校を要請したことを説明する記者会見が不十分だったとして、マスコミの労働組合で作る団体などが5日、オンライン署名サイト「change.org」で、十分な質問時間が確保された首相記者会見を求めるキャンペーンを始めた。同日夕方に始まり、午後8時現在で約2000人の賛同署名を集めている。

 キャンペーンの主体は、新聞や放送、出版などメディア業界の労働組合で作る「日本マスコミ文化情報労組会議」(MIC)と「国会パブリックビューイング(PV)」を提唱する上西充子・法政大教授。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文802文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集