メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ
けいこ場便り

豊山が春場所へ順調な調整ぶりをアピール 出稽古の白鵬に胸借りる

横綱・白鵬と16番取った東前頭3枚目の豊山(右)=大阪市内で2020年3月5日、大東祐紀撮影

 無観客で開催される大相撲春場所(8日初日・エディオンアリーナ大阪)に向け、東前頭3枚目の豊山(時津風部屋)が5日、大阪市内の同部屋宿舎で出稽古(でげいこ)に来た横綱・白鵬の胸を借りた。今場所での大関昇進を目指す関脇・朝乃山と同期の26歳は「場所前の稽古としては完璧」と順調な調整ぶりをアピールした。

 白鵬とは16番を取り、2勝14敗と力の差を見せつけられはしたが、一気の出足で押し出…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 新型コロナ 国内死者100人超え 感染者数は4560人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです