メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・時代の目

ダンシングホームレス 世間の価値観を強いず

映画「ダンシングホームレス」の一場面

 「新人Hソケリッサ!」は、路上生活者のダンス集団だ。プロのダンサー、振付師として活躍したアオキ裕キが主宰し、公演もする。その活動を追ったドキュメンタリーである。これが、脱落者の社会復帰に尽力する篤志家と、人生を取り戻す人々の物語なら美談に終わるところだが、そんな王道をちょっと外れている。アオキは「社会のルールが、いいですか?」と言い放ち、彼らの人生から生まれるダンスを追究するのである。

 アオキの指導は団員をあえて統率せず、心と体を解放させて感じるままに動かせる。団員それぞれに路上生活にいたる過去がある。凄絶(せいぜつ)な苦闘もあれば、路上を選んだ人もいる。アオキ自身は、米国留学中に遭遇した9・11テロで、ダンスの根源を見つめ直したという。彼は団員に“まっとう”な人生を強制しない。

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです