メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県立高9245人受験 全日制1.13倍 新型コロナで厳戒 /栃木

マスク姿で試験問題を配る教員=宇都宮市滝の原3の宇都宮高で

 県立高入試の全日制一般選抜の学力検査が5日、58校115学科で行われ、9245人が受験した(倍率1・13倍)。新型コロナウイルスの感染拡大で厳戒態勢となった試験会場では、受験生も試験監督官も多くがマスクを着用。11日の合格発表では初めて、各校での合格者の受験番号の掲示を取りやめる。【渡辺佳奈子、林田七恵】

 宇都宮市滝の原3の宇都宮高校では、教室の入り口にアルコール消毒液を置き、試験監督官もマスクを着用。教え子の激励のため早朝から校門前に並んだ学習塾職員の男性(39)=同市=は「例年は受験の前日まで授業を行っていたが、今年は塾も2日から休みになり、自宅で勉強してもらった。電話などでやりとりして心配していたが、今朝、頑張ると力強くあいさつしてくれたので、力を出し切れると信じている」と話した。

この記事は有料記事です。

残り1214文字(全文1563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  2. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 東陽町駅で視覚障害者の男性が転落し死亡 ホームドアは稼働開始前 東京メトロ

  5. JR東日本vsホンダ熊本 第8日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです