メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 全日制高校一般入試 厳戒態勢の中受験 /富山

受験生、教員ともにマスク着用で挑んだ入試=富山市蓮町4の富山北部高で、青山郁子撮影

 県立高校全日制の一般入試が5日、全34校82学科で始まり、推薦入試の合格内定者1118人を除いた募集定員5544人に対し、5872人が受験した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、県教委では全受験生にマスクの着用を呼びかけるなど厳戒態勢の中での入試となった。

 県教委によると、大きなトラブルはなかった。欠席者は56人(前年度23人)。高専などで合格したことが主な要因で、新型コロナ感染による欠席者はなかった。これに伴い、倍率は1・06倍と志…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本新薬が勝ち越し アーチ2本、三菱重工広島に 都市対抗

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです