メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の大仏鉄道、絵本に SL雷光 明治時代9年間運転 /大阪

絵本「イナヅマごうがやってきた」の表紙=共同より

 明治時代に9年間だけ、今の京都府木津川市と奈良市を結んで運行した「幻の大仏鉄道」が題材の絵本「イナヅマごうがやってきた」が福音館書店から出版された。作者は日本画家の小林豊さん(73)。動けなくなった蒸気機関車(SL)を乗客や村人と協力して押し上げた子どもたちが、お礼として憧れのSLに乗せてもらう様子を生き生きと描いた。

 大仏鉄道は私鉄・関西鉄道が1898年に加茂(木津川市)―大仏(奈良市)間で開業し、翌年に奈良駅まで延伸した約10キロの路線。東大寺に近い大仏駅は参拝に重宝された。SLの愛称「雷光(いなづま)」は源頼朝の愛馬にちなんで命名されたらしい。

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに429人感染 2日連続で400人超 新型コロナ

  2. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  3. ORICON NEWS 石橋貴明、帝京高校9年ぶり優勝を祝福「みんなの心には永遠に負けない魂がある!」

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. コロナ患者また無断帰宅 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです