メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公立高校入試 全日制0.86倍 3905人が挑む /島根

試験開始を待つ受験生たち=松江市奥谷町の松江北高で、鈴木周撮影

 県内39校の公立高校で5日、2020年度入学試験が始まり、3905人が受験した。分校1校を含む全日制36校では私立高校などへの合格を理由に196人が受験を辞退。実質倍率は0・86倍となり前年度と同じだった。県教委は、新型コロナウイルス感染によって試験を欠席した場合、追試験を実施するとしていたが、対…

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文301文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです